Friendshipは船と港 ~藤田くらら 小6でTOEIC980点までの軌跡~

小学6年でTOEIC980点を取った女の子のお話。中学1年での、学校体育時の事故が原因で「脳脊髄液減少症」を発症。寝たきりから「復活」の兆しが…

脳脊髄液減少症

5回目のブラッドパッチ、当日から翌日の様子 ~ 脳脊髄液減少症で福山医療センターに入院中

作日は、沢山の方から「祈り」と「パワー」を送っていただきありがとうございましたm(__)m 今回のブラッドパッチはいつもより短めの30分ほどで終了しました。 ブラッドパッチ前後の様子については、前回入院した時の記事をご参考までに… www.tomaclara.com…

今日が運命の分かれ道 ~ 5回目のブラドパッチのために福山医療センターに入院

昨日病院に入ってから現在までの様子のご報告です。 www.tomaclara.com ブログ読者さんが同室に… 今度の部屋は、4人部屋でお1人だけ先に入ってられました。前回は認知症のお婆さんの昼夜を問わずの唸り声に3日間苛まれましたが、今度はとても静かに過ごせそ…

明日が運命の分かれ道 ~ 5回目のブラドパッチのために福山医療センターに入院

ここのところ英語関係の記事が続き、沢山の方に読みに来て頂きましたが、今日・明日は、娘の大事なブラッドパッチ手術の事を書かずにはおれません。 スポンサーリンク // いざ、福山へ! 今日は2月3日。学校事故からもうすぐ2年になります。 昨年11月にブラ…

明け方の不安と「不定詞」

今日は反動で倒れ込んでいます 昨日は、訪問授業、買い物、クッキングと、3つのイベントをこなし元気そうに見えた娘です。 www.tomaclara.com このまま好調が続けば、「徐々に回復の途上」ということで不安材料はそれほどないのですが… やはり今日は反動が…

「 藤田紅良々 15歳 家事手伝い 」

昨日の爆弾低気圧から、台風のような恐ろしい一夜が明けて、今日は気圧も上がって娘も平常運転に戻りました。 昨日の低気圧はモロに炸裂したようで、娘は夕方4時間くらい眠りましたが、それから何とか起きられました。 その後、「今日は頭痛がするわ・・・…

脳脊髄液減少症、回復後の「運動復帰」は可能か?~ 高校1年Sさんの劇的回復から(下)

突然ですが、今日の関西地方はものすごい荒れ模様です。 しばらく低気圧で寝込むことのなかった娘ですが、今日は、11時という少し早めの時間に起きられ喜んでいましたら、低気圧の猛威に負けてしまい、午後4時ごろから現在8時まで死んだように眠ってしま…

脳脊髄液減少症、回復後の「運動復帰」は可能か?~ 高校1年Sさんの劇的回復から (上)

嬉しすぎる報告・・ 前回の記事で、お嬢さんんのにきび治療のための処方箋中の「放射線」という文字に反応されて、写メを送って下さったSさん。お陰様でその中のハイチオールに含まれるL-システインが放射線防護作用があるのではないかという所まで繋がりま…

子供の検査被曝とサプリメント(*ご参考までに*)

*この記事は、子供が度重なる検査被曝を強いられている母親が藁をもすがる思いで試行錯誤をする経過です。ご参考までということで、お勧めするものではありません。ご使用に当たっては、必ず自己責任でお願い致します。 一応、放射線被曝対策としてサプリを…

検査後の「激烈頭痛」が証明したこと ~ 福山にRI検査入院

続きです 。 娘からの「悪い知らせ」、それは、RI脳槽シンチ後の酷い頭痛でした。薬を所望したくらいの、本人曰く、「激烈頭痛」でありました。 それは、朝10時の検査後に2時間ほど安静状態を保ち、昼食を昼食を食ベるために、身体を起した途端、「ズキン…

娘からの「良い知らせ」と「悪い知らせ 」~ RI検査で福山に入院

昨日の続きです。 良い知らせ・・・この日の娘は最後まで絶好調 行きの新幹線の中では、いつもとは全く違った食欲でステーキ弁当をガツガツと食べていた娘。 その日の夕方6時ごろから、更に、娘からの嬉しい報告が入りました。 本当に、この日は一体どうした…

今朝10時からRI検査が始まった… ~ 昨日は絶好調だった娘

初めての新幹線自由席 昨日、1月21日は、MRIおよびRI脳槽シンチグラフィーの入院検査のために昼頃から福山医療センタ―に向かいました。 福山行はこれで3度目になります。 新幹線にも乗り慣れてきたため、今回は指定席券を買わずに、自由席切符を買いまし…

あの冬の寒い日から1年経ちました… ~ 娘と「2020 全日本卓球選手権」をテレビで観戦

(今年の優勝者) 全日本卓球選手権の放送を2人で観戦 昨日はインテック大阪で、全日本卓球選手権の準決勝と決勝戦が行われました。 今日の朝のワイドショーを賑わしていましたが、「美誠パンチ」の伊藤美誠と「チョレイ!」の張本智和という、頭一つ抜けた…

「子供が病気で失う1年」は「大人の数年」に値するのだから…(下)

昨日の記事の続きです www.tomaclara.com 次の手を打つのは早い方がいい 大人の患者さんなら、ご家族の理解と協力のもとで、ゆっくり目のペースで治療経過を観察してゆけます。(気持ちの辛さは子供と大人での優劣はつけられませんが…) でも、子供の場合は…

「子供が病気で失う1年」は「大人の数年」に値するのだから…(上)

キャンセルが入った… 昨日朝、一本の電話が入りました。 見慣れない市外局番は、広島県福山市の医療センターからです。 脳外科の受付の女性からで、「検査のキャンセルが出ましたので、来週火曜は可能ですか?」という問い合わせに対し、即「お願いします!…

「退院」と「入院予約」と「たこめし」

いつも変わらぬ雄姿で福山到着を優しく迎えてくれる「福山城」 昨日は福山まで娘を迎えに 朝早くに起きて、福山医療センターで3泊4日の入院をしている娘のお迎えに行きました。 駅前のバス乗り場には、タイミングよく医療センター前で止まるバスが待ってい…

想定外アクシデントで検査続行不可能⁉・・・(福山医療センター検査入院3日目)

福山医療センター入院で、一番の楽しみの筈の食事が楽しめていない娘。 舌の下の奥歯に当たるところに大きな口内炎ができて、食事の際に歯や食べ物に当たって激痛が走るらしく、完食はできていないようです。 それでも、後でお腹がすいて、外来病棟1階のロ…

今日から福山医療センターに検査入院

福山へ向けて出発 一昨日の夜10時に、駅の券売機で福山行の新幹線の予約をしましたら、なんと、直前ではいつも満席の「さくら」が取れました。お昼出発だからでしょうか・・・ 新神戸から福山だと、「のぞみ」とは、所要時間が数分の差で値段が数百円の差…

アメリカ人J君と福山医療センターへ「ブラッドパッチ2か月後」の診察へ行く

再び「福山城」を駅のホームから見ることとなりました 11月1日に福山医療センターでブラッドパッチをしてから、2か月少しとなった今週月曜の1月6日に、事後報告となりますが、診察へ行きました。 今回は、偶然、同じ脳脊髄液減少症のアメリカ人留学生…

結果的に「加害側生徒」の「中学校生活の安寧」を守ってあげることに…

娘は、心身に大きな傷を与えられた結果、中学校に登校することができないまま、近いうちにここ、神戸を去る事になりそうです。 その一方で、 2018年2月28日の学校事故で、一人の生徒を、故意ではないとはいえ、「不注意と過失により」重大な病気を発…

読者コメントが示唆するこの事故の「真の問題点」

学校事故被害者である娘が学校へ戻るために最低必要な学校側の対応ができていないという確信を、昨日までの記事にしました。 この記事について、読者の方から、非常に示唆に富むご意見をコメント欄に頂きました。埋もれさせるにはあまりにも勿体ないのでここ…

学校に戻ることは「針の筵」をかぶる事 ~ 娘に「悪夢」を見させる「直感」は現実となっていた ③

昨日の続きです。 現在の体調だと、午後に1時間くらいなら学校に戻る事は可能だと思います。もし娘がずっと孤独を強いられていたこの2年間のトラウマになるほどの寂しさを、登校することににより少しでも埋められるのなら、娘が行きたいともしも思うのなら…

これは学校側の「登校刺激」?~ 娘に「悪夢」を見させる「直感」は現実となっていた ②

昨年大晦日の記事で、娘が夜通し泣きながら、「自分でも抑えきれない不安感やすでにトラウマとなった心の傷」を私に打ち明けたことを書きました。 (抜粋) ここまで、娘の名前や姿や状況を晒す形で捨て身で、周知を心がけてきたが、解決すべき問題はまだ山ほ…

「学校には私の居場所はもうない…」~娘に「悪夢」を見させる「直感」は現実となっていた ①

前々回のブログの最後に匂わせていた事ですが・・・ *この部分です 原籍校には、もう戻れないことを確信したのは、昨年のクリスマスイブの日でした。それまで、娘はよく同じ「悪夢」を見ていたのですが、私にはただの不安の表れと捉えていました。 娘は、今…

私の「初夢」と娘の「悪夢」

お正月2日目となりました。 きのうの元旦は、周りの空気を読んで「100%プラス思考」でゆくつもりでしたので、敢えて、初夢の事は後回しとなりました。 後半は、ファッションブログの真似事のようになってしまいまいました。 「娘のスタイルがよい!」と…

「眠り姫」のBEFORE・AFTER ~ 2020元旦(2年でここまで回復)

(喪中の爲新年のご挨拶は控えさせていただきます) 思い返せば、昨年正月は酷い状態でした・・・ 皆様、2020年の新年が到来いたしました。 私達には昨年の正月は、ありませんでした… 娘が昏睡状の睡眠状態で、部屋からほとんど動くことができなかったた…

娘の身心の「深すぎる傷」を実名で晒し続けはしたけれど…

12歳のままネットの中で生き続ける藤田紅良々 12歳のネットの中の娘に全ての命運をを託した 今年3月2日に一つ目の記事を書いた。 既に、本人の預かり知らぬ「ネットの世界」の情報網の中で、頻繁にやりとりされる存在となっていた娘を実名で表記すること…

「号泣」と「居眠り」の見事な構図 ~ 号泣の三者面談 ②

自宅裏口から徒歩1分の「原籍校」を臨む 特別支援学校の教頭と担任、私、原籍校の学年主任、担任、進路指導担当、という6人が原籍校図書館で対面しました。その続きです 娘の無念を涙ながらに代弁した 号泣で始まり、 先生方は、無言でこちらの切実な胸の…

号泣の三者面談 

ヨーロッパ中世のカテドラルのファサードのような兵庫県立長田高校 あまり行きたくないが・・・ クリスマス前に、原籍校での3者面談に行った。進路をほぼ決定する時期がきたからである。 3者面談とは言っても、もちろん娘は来れない。体調というよりも、お…

果たされなかった約束 ~ 新聞掲載後の「神戸市教育委員会 」と「学校長」の態度の変容 ⑥

続きです。 今年4月、神戸市教育委員会の計らいで、特別支援学校に転籍となった娘ですが、その後、校長先生が色々奔走されます。でもそこには、当事者である被害生徒への暖かいまなざしが感じられない気もしましたが、まぁ、今までよりも良い方向に動けばそ…

娘がいなくなってから頑張る「校長先生」~新聞掲載後の「神戸市教育委員会 」と「学校長」の態度の変容 ⑤

クリスマスと風邪で中断していましたが、教育委員会が今年4月に娘に関わりだしてから、初めて動き出した校長先生の続きです。 www.tomaclara.com このように初めてお会いした時に、これからのサポート、特に、夏休みも教員を動かして娘の遅れた勉強のフォロ…