Friendshipは船と港 ~藤田くらら 小6でTOEIC980点までの軌跡~

小学6年でTOEIC980点を取った女の子のお話。中学1年での、学校体育時の事故が原因で「脳脊髄液減少症」を発症。寝たきりから「復活」の兆しが…

不条理の中で人生を奪われて【※はじめての方はこちらからお読みください】

初めて来られた方にとって、このブログの意味不明のタイトルや、英語やら病気やらのごちゃ混ぜ状態になった記事の並びから、このブログの性格や方向性を掴むことが難しいものになっていると感じました。 ここで、今までの流れを一旦整理することに致します。…

それぞれの「秋の荒行(あらぎょう)」~その弐「母親」編 中山寺奥の院 ①(登り半分「夫婦岩」まで)

11月1週めの学校の秋休み、病を抱える娘は5日連続外出という強硬スケジュールを組み、体力と気力と脳脊髄液減少症を限界まで追い込む荒行を敢行することとなった。 www.tomaclara.com その最終日から2日目、娘を宝塚近くの中山観音駅でタクシーに乗せる…

「児童精神科」や「心療内科」の受け入れ先を探す

前回の続きを www.tomaclara.com 「心療内科に行かせてほしい…」という娘からの訴えを受けて、このところ近場の病院をネットで調べたり電話をかけたり、或いは人に聞いたりして調べている。 こういう場合、児童精神を受け入れ対象に掲げていないところは避け…

「心療内科に行かせて!」と、娘が言い出している…

学校生活は幾多の山を乗り越え、心理的ストレスもなく良い精神状態を保てる環境にやっとたどり着いたかと思ったのも束の間… 10月末のスポーツディでかつてのトラウマが蘇った娘 www.tomaclara.com それからと言うもの、今までは口にしなかったような感情の…

こちらの「主張書面」を神戸地裁に提出 (毒部屋案件) 

神戸地方裁判所 前回に続き、来週に行われる第2回調停関連のことを… www.tomaclara.com 感動の「主張書面」の完成形 C氏からの夜の電話で戦闘態勢に入った私と弁護士先生は、一昨日、昨日と何度も書面をやり取りし、今朝は先生からの最終稿を目を皿のよう…

一本の電話にはっと我に返る ~ 第二回調停(毒部屋案件)は来週に迫る

もともとは、法律関係の雑事のためにしばらくの間は中止するはずだったこのブログだが、停止後10日ほどで再開をしてしまっている。 嘘を言う相手に負けないように、時間をかけて様々に手を尽くしているうちに、心の緊張が取れなくなってしまっていた。 相…

「二重生活」に疲れ果て 紅葉の名所に行く気力もなし

本日夕方の京都駅。 京都観光を終えた他県人でごったがえしていた。 JR東海道線から近鉄電車への乗り換えの途中も、スーツケースを持った沢山の観光客が各々の帰路についていた。 そういえば京都はまだまだ紅葉が綺麗なようだ。断定できないのは、京都盆地…

秋の週末は絶不調 ~ 6回目のブラッドパッチから4か月目

自宅近辺の秋の色彩 京都自宅の物置き部屋から眺める秋はたけなわとなり、紅や黄金色の木々は目が覚めるほどに美しい ベランダは、表側と裏側にあるのだが、こちらの裏側のほうに久々に出てみる。 こちらのあずかり知らぬ間にも刻々と移り変わる周りの風景を…

体育館で泣いた… 悲しみの「スポーツディ」

10月の懇談会の事。 娘に、何か先生に聞きたいことがあるかを聞いたところ、次の土曜日、10月31日の「sports day 」の参加が必修かどうかを聞いてほしいとのことだった。 この頃は体調下り坂で、遅刻したり学校を休みがちになっていたため、単位や評価に関係…

それぞれの「秋の荒行(あらぎょう)」~ 其の壱「娘」編

10月31日、この日は秋休み前の登校最終日であったが、不覚にも娘にとって辛い日となってしまった。暗い話題続きはうんざりなのでそれは後に書くことにするが、その日の涙を記憶の彼方へ消し去るために、この秋休みは家に閉じこもらず結果的に楽しいこと…

塗装事故被害案件で「人間不信」の上塗りをされた

神戸時代に、下の業者の工事でマンション2階の部屋を「毒部屋」とされ、住めなくされたことで第一回調停が10月中旬にあった。 www.tomaclara.com その後、弁護士先生から、相手方が提出した「空気調査資料」のコピーが送られてきたのだが、それをみて目が…

にほんブログ村 病気ブログ 脳脊髄液減少症へ