Friendshipは船と港 ~藤田くらら 小6でTOEIC980点までの軌跡~

小学6年でTOEIC980点を取った女の子のお話。中学1年での、学校体育時の事故が原因で「脳脊髄液減少症」を発症。寝たきりから「復活」の兆しが…

「Friendshipは船と港」ブログ開設1周年の日の不思議なご褒美 ~ 同時に「年間 100万超のアクセス(PV)」に感謝!

うっかりしていましたが、先日3月2日は1年前に第一号の記事を出した大切な日であることが判明…

今でしたら、「どうせなら3月3日お雛祭りに始めよう!」と、絶対に思うのですが、当時は季節の行事など全く意識から抜け落ちており、正月すら存在していませんでした。このように、余裕のない状態で生きていました…

 

第一号は、「悪夢の始まり(憤死案件その1)学校事故で脳脊髄液減少症に」でした…

 

www.tomaclara.com

 

f:id:kanon139:20200303224137j:plain

 

 

初期のキーワードは「不条理」、「理不尽」、「憤死」

 

不条理から連想するのは、カミュの「異邦人」 

憤死からは、藤原時平に冤罪を着せられ、太宰府に実質上の流刑になった菅公こと菅原道真公。流刑の地で憤死して日本史上最強の怨霊となり醍醐天皇を地獄へ堕としたようです。 

理不尽と言えば、何でしょう? 娘が最近になって、元気に反抗してくれて、「そんな事言われるのは理不尽やわ!」とか言っていますが、現在の日本が新型コロナウィルスの汚染国扱いされるようになった過程などは理不尽と言えるかもしれません。

 

 

当時の私の頭の中は、これらの文字で埋め尽くされており、憤死したら菅公にあやかり怨霊になって娘を酷い目に合わせた人間を次々と地獄に落としていたことでしょう。

 

そのくらい、激しい怒りを持って生きていました。自分の子でなくても、一人の子供を心身ともにこんな辛い目に合わせて知らん顔をする人間は絶対に許すことはできませんでした。

 

そして、自家中毒を起こしそうなくらいに詰まった怒りをブログの文字の中に投影して、なんとか息をつくことができたのです。

 

スポンサーリンク  

 

ひと月1000アクセスまではがむしゃらに書き続けました

 

個人の日記ブログなど人気ブロガーさんが書くもの以外はなかなか読んで貰えません。それでも、この怒りのブログは、知名度のそこそこあった娘が、大袈裟に言えば「栄光から奈落への転落」をしたことが、同情、共感、怒り、好奇心、ひやかし、などの様々な読者の感情を呼び起こし、2か月後のゴールデンウィーク辺りには、ブログを書く人の一つの目安である(1000PV/day)を獲得するまでになりました。


開設1か月くらいで、ライブドアブログからはてなブログに移ったのも良かったのかもしれません。

 

f:id:kanon139:20200304210625j:plain



Twitterの威力を知った日

 私自身は、未だに、Twitterが面白いと一度も思ったことがなく、周りがやれというので邪魔くさくない時にたまに更新しているくらいです。フォローし合うとか、「いいね」つけるとか全く興味がない昭和のメンタリティーから抜けきれない人間なのでどうしようもありません…

この1年で唯一進化したところとしては、このブログに合わせて初めてスマホを使い始めたことくらいです。


元々SNSへのモチベがないため、自分のtweetは全て不発。Facebookも、周りからやれと言われて始めましたが、自分のをたまに投稿する以外は未だに利用の仕方を知りません。

 

そんなある日、Twitterの威力を思い知りました。


勿論私のではないですが、ゴールデンウィーク明けに、息子のTwitterでこのブログの紹介をしてもらった日に、昼間にふとアクセスを見た所、グラフがものすごいいびつな形に変化しておりました…

 

結果、この日1日で、それまでの2か月分のアクセスを上回るという、旧人類には信じられない現象を目の当たりにして、「Twitter恐るべし…」と痛感しましたが、Twitterでアクセスが伸びたのは後にも先にもこの時だけでした。

 

f:id:kanon139:20200304210707j:plain

 

 

このブーム(バズというらしいです)は、2日間続きました。15000アクセスにはわずかに及ばずでしたが、息子の人徳の致すところか、知り合いで多くのフォロワーを持つ方々が沢山リツイートをして下さった結果でした。ここまで「孤独な闘い」で苦しかったですが、この日を境に沢山の人に娘のおかれた状態を知って頂けたことで、気持ちが随分楽になったことを思い出します。

f:id:kanon139:20200304210636j:plain

 

このあとは、たまに、スマートニュースや、Googleニュースに載ったりしたことで、1万アクセス前後というのが数回だけありましたが、普段はは2000~5000くらいのアクセスに落ち着いておりました。

 

 

1周年の記念日に不可思議な流入~誰かからのご褒美なのだろうか?

 

もうあの、息子のTwitterによるバズを超えることはないまま徐々にブログの終焉を迎えることになると思っていたのですが、先日の3月2日の1周年記念日に不思議なことが起こりました‼

 

その日のお昼ごろに何気なくGoogleアナリティクスを見ると、リアルタイムのユーザーが見たこともない数字になっていました。ピークを1時間過ぎていましたので、3桁が出ていたかもしれません。

f:id:kanon139:20200303224602j:plain

 

 

Googleニュースからかな?スマートニュースからかな?と思ったのですが、違うようです。もしそうならば、そのように表示されている筈です。また、不届き者が勝手にYouTubeに上げた動画からでも、(勿論)私のTwitterからでもなさそうです。

表示はいつもと変わらぬ参照元となっています。

 

f:id:kanon139:20200304214303j:plain

 

ここから、来ているとわかりました。オーガニックから多数来られているのは、検索エンジンからという事なのでしょうか?


f:id:kanon139:20200303224549j:image

 

この調子で、流入元がわからないままバズは一日で終わりました。でもこのブームが残した結果がまた驚くものでした。

 

息子のTwitterからの流入を超えた過去最高のアクセスが集まったのです!

最終的には、17,726アクセスでした。

 

f:id:kanon139:20200303224448j:plain

 

記事へのアクセスは、1年前の3月2日(記事第一号)と、7月11日(学校事故のまとめのトップに固定してある記事)に集中していました。

f:id:kanon139:20200303224538j:plain

 

海外からのアクセスがこんなに並んだのも初めてでした

f:id:kanon139:20200303224507j:plain


 

そして、何より驚いたのは、私がいつも、「皆様の声を~」「ポチポチとお願いします~」とすごく拘りを持って懇願しても、なかなかご協力の輪が広がらず、そのため、「ブログもう辞めたい」と何度も思ってしまう、ブログ村INポイント、なのですが、3270ポイント、つまり327人もの人にクリックで入れて頂いたのです。

 

f:id:kanon139:20200303224331j:plain


これだけ多くのINポイントが入ったのは不思議というかこのブログではあり得ません‼息子のTwitterバズの15000アクセスの時は、「INポイント入れてあげて~」と頼んでもらっても510ポイントだったのですから、いかに桁外れかがわかります。

 

スピリチュアルじみた解釈になりますが

 

☆まさにこのブログ一周年の日に、ドンピシャで最高のアクセスとなったこと

☆どこから来ているのかさっぱりわからない謎のアクセスで、今までで一番の数字(17,726)が出たこと

☆また、こういう大規模な流入による読者の場合、INポイントは滅多に入れて貰えないのに、3270ポイントも入れて貰えたこと。これだけの数の善意の人が自然に流入するというのは考えられない…

 

 

思うに、今までの経験からは説明できない不可思議な現象が1周年記念日に起こったのです

 

何か、見えない力が、もうしんどくてブログ辞めたいと思いながら続けている自分を、「よく1年頑張りましたね!もう少しだけがんばりなさい…」と、励ますために、検索エンジンに魔法をかけて流入をさせたかのような「ご褒美」がこの奇妙なアクセス数と不自然に多いINポイントに繋がったとしか思えないのです。

 

*私の夢を壊すことになりますが、この謎の答えが分かる方は教えて下さい!

 

スポンサーリンク  

 

ご褒美を頂いたので一般受けしないままもう少し続けます

当ブログは、娘の知名度のみで成立していることは自身が一番よくわかっております。

上に挙げましたブログ村のポイント表を見て頂くとわかりますが、アクセス数の割にはOUTポイントが大変少ないのが特徴です。これはどういう意味かといいますと、ブログ村に登録しているブログを書く方からは全く人気がない、興味関心を持たれていないということです。

 

また、読者登録数が恐ろしく少ないのも特徴ですね!これが、応援クリックが伸びない理由の一つでしょう。

 

元々ブログを書くのも読むのも全く興味が無く、いつまで経ってもブログらしくない文体で、一見、怒ったり、ネガティブ発言を多々してきましたので、一度来たら、もう2度と読む気がなくなる方が大半だろうなと思います。かといって、娘を離れた話題を書いても、全く興味を持ってもらえずアクセスがダダ下がりをしますので、やはり、娘がらみのことにならざるを得ません。

 

娘の事を伝えるのが「語り部」としての私の使命だということでしょうね。

 

表向きにポジティブな文言を並べた方が前向きで美しくなりますが、これは脳脊髄液減少症の重症患者や学校事故の犠牲となった人間とその家族が、どれだけ苦しい内面を抱えるのかを社会に提示する目的で書いていますので、いわば、心の中をさらけ出しているわけです。全部出したらえらいことになりますので、勿論部分的にですが。

 

また私は、四柱推命では「一匹狼」の相が強~く出ているらしく、やはり、ブログ界でもお仲間ができにくいのは生まれ持った運命的なものなのでしょう。

 

しかし、ブログを書く事で、数少ないながらも賛同してくれる方々に出会えただけでも、一匹狼の私としては出来過ぎな、大変喜ばしいことです。

 

いつまで続くかわかりませんが、もう少し書いておくべき事を残しているので、それを書き終えるまでもう少し頑張ろうと思います。


今回も4時間くらいかけてしまい、生活破綻、健康破壊に繋がりかねないのですが、アクセスが増え応援ポチ(クリック)を頂けることで、「多くの方が娘を見守っていて下さる」という安心感が生まれ、それが目下の所、何よりの生きがいになっているのです。

 

というわけで、よろしくお付き合いと、応援のポチポチ☟を今後もどうぞお願い致します m(__)m

 

 

皆様の を届けてください! 娘への励ましとランキングサイトからの病気の周知活動の爲下の小さな娘野生ネコの画像それぞれに毎日「ポチポちとクリック」をお願い致します!     

🌹皆様の毎日の応援クリックはです!🌹

  • BLOG RANKING 

 

 

 

にほんブログ村 病気ブログ 脳脊髄液減少症へ