Friendshipは船と港 ~藤田くらら 小6でTOEIC980点までの軌跡~

小学6年でTOEIC980点を取った女の子のお話。中学1年での、学校体育時の事故が原因で「脳脊髄液減少症」を発症。寝たきりから「復活」の兆しが…

「二重生活」に疲れ果て 紅葉の名所に行く気力もなし

本日夕方の京都駅。

京都観光を終えた他県人でごったがえしていた。

 

JR東海道線から近鉄電車への乗り換えの途中も、スーツケースを持った沢山の観光客が各々の帰路についていた。

 

そういえば京都はまだまだ紅葉が綺麗なようだ。断定できないのは、京都盆地から一山超えた我々の居住地域の紅葉しか知らないからである。


f:id:kanon139:20201115213020j:image

 

勿体ない話だが、京都に住んでいるというのに週末は娘も私も紅葉見物に出かけるような気力はない。はっきり言って移動で疲れ果てているからだ。

 

それに、昨日は、頭痛のためバイオリンのレッスンに行くだけの日なってしまった娘だが、更に輪をかけて悪いことが起こった。夕食に食べた大好物のマグロの刺身に当たってしまったのだ。

 

私も一切れ食べたので、同様の症状が出てしまい、2人とも頭痛と吐き気とお腹の調子が悪くて、夜中に何回も入れ替わりお手洗いに走った。

 

私は朝には、かなり回復して普通に起きられたが、娘は沢山のマグロを食べたためその分回復に時間がかかった。

 

食当たりにも効くかもしれないなと「五苓散」を飲んだら、停止状態だった胃腸が動き出しお腹がすいてきたので、これは著効ありと娘にも飲ませた。子供に飲ませる前には大抵の薬はいつも自分で人体実験をしている。

f:id:kanon139:20201108133411j:plain

 

そうして、一日何もせぬ間に、もう学校近くのアパートへ移動する時刻となった。

今日は弱った体に大量の荷物がしんどいためバスはパスして、特別にお祖父ちゃんの車で最寄りのJRの駅まで送ってもらうことにしたのだ。

 

娘は、この移動がしんどくて、できるなら一か所に定住したいところだが、お祖父ちゃんの近くに住む必要があり、学校近くに居を移せない事情がある。

 

それにしても、あんな事故が起こらなければ、娘も長距離通学をものともせず、他の生徒達のように京都市内から元気に通ったことであろう。いや、そもそもこの授業料が分不相応なこの学校には絶対に来ていなかった。

 

娘もしんどいが、私も正直かなりしんどい。2重生活の落ち着かなさといったら想像以上である。パソコンの充電コードや諸々の大事な書類を持ってくるのを忘れたり、靴下が足りなくなったり… そして、冷蔵庫のものが使いきれずに戻ってきたら異臭を放つこともしばしば。

 

二か所に住むと勿論お金もかかるし、余計な移動時間もかかって体力も奪われる。そして今はコロナに感染する危険も倍増だ。

 

誰のせいでこんな生活をする羽目になったのか?

関係者が見ていてら少しはこちらの苦労に思いを馳せてほしいものである。

 

そんなわけで、今は名高い京都の名所の紅葉を見に行く気力もなく、最寄りの駅に向かう途中、お祖父ちゃんの車の窓から見える近隣の紅葉を目の保養にして自分の心を慰めるしかない。

 

f:id:kanon139:20201115214131j:plain

 秋のもの悲しさからか、ちょっと切なくなったので愚痴ってしまった。

 

来週は3連休だから娘の体調が良ければ、1日くらいは紅葉見物ができるだろうか。

この銀杏並木は半分くらい裸の木になっているかもしれないな…


f:id:kanon139:20201115213223j:image

 

 

 

🌸読者登録はこちらから🌸

 ☟  ☟

        応援はこちらからお願い致します!☟

🌹毎日の応援クリックは🌹

  • BLOG RANKING

 

にほんブログ村 病気ブログ 脳脊髄液減少症へ