Friendshipは船と港 ~藤田くらら 小6でTOEIC980点までの軌跡~

小学6年でTOEIC980点を取った女の子のお話。中学1年での、学校体育時の事故が原因で「脳脊髄液減少症」を発症。寝たきりから「復活」の兆しが…

「公開」と「非公開」の狭間で… ~ 今後のブログ運営について思案中

ブログアディクションになっているのかも

最近は落ち着いて書く時間が取れないため、娘の私生活をネタにした軽めの記事が多くなっています。娘の機嫌を損ねぬよう、学校や先生や病院に迷惑がかからぬよう、気を使い倒して書いているため軽い話題にもかかわらず精神が削られていることに最近気がつきました。

 

寝たきりの状態の時とは違い、関わりが出てくる場所や人がありますので同様にはいかなくなるのは必然かとも感じます。

 

寝ても疲れが取れず、家の中も荒れ放題でバイオリンの先生の来られる日には朝から必死で片づけるという始末なので、ちょっと生活崩壊気味ですね。

 

かかりつけの医師や知人からは、「ブログを休止するか更新の頻度をぐんと落としてはどうか?」と、少し前から打診さています。慢性病を持っているため、人に比べてエネルギーが少なく外へ出ても娘よりも先にバテることもあったりします。

 

以前は10時間くらいは寝ていたのですが最近は5時間くらいになることもあり、そんな時でも「疲れている」ことが慢性的になって疲れと感じない状態になっていますね…

まるで、いくらやっても疲れを感じず体を壊してしまうネット中毒やゲーム中毒の人と同じような様子になっているのかもしれません。

 

そうです、「ブログ」アディクション・・になっている可能性があります。

 

なので、近々、ブログを毎日の更新はやめて3日に1回、1週間に1回、或いは、書く必要のある時だけ書く、という方針に代えてゆくのが賢明だろうな、と思います。

 

生活や健康を犠牲にして毎日更新していても、閲覧数もある程度で落ち着き、毎日の応援クリックもだいたい同じ数なので、親身になって見て下さる方はもう限られてきたかな・・・という気もします。頻度を落としても、この方たちにはおそらく見て頂けると思いますので、そのお気持ちに甘えて、少し楽をさせて頂こうかと考えます。

 

スポンサーリンク  

 

このまま公開を続けていいのだろうか?

 

「親身になってくれる人ばかりが見ているわけではないからくららちゃんを守るために公開の範囲を限定した方がいいのではないですか?」というご意見もいただいております。

 

確かに、現実として、私がこれでもかというくらい懇願していても、今のところ(身内を除いて)クリック応援をしてくれる人は2パーセントという少なさですね。クリックをしない残りの98%はほとんどが傍観している方々だとは思うのですが、中には興味本位で他人の不幸を楽しんでいたり、「もっと苦しめ~」というダークな念を送っている方もいないとは限りません。

f:id:kanon139:20200908192950j:plain

いつも応援して下さるの方々は比較的早い時間や、記事を公開した直後に読まれて応援クリック2つを残してくださいます。

 

しかし、夜の11時以降はグーグルアナリティクスのリアルタイムの閲覧者が常時10人以上と表示されますが、そんな状態が20分続いても、一人も応援クリックを残してくれずに「さようなら」と去って行かれることもよくあるのです。数にすると数百人です。

 

これを体験するのは精神衛生上良くないですね。

この数の中には、何かの拍子で初めてこのブログを訪れて「性に合わない」と思い二度と来られない人も含まれていて、それなら「応援なし」も理解できるのです。

 

しかし、実際は何度も来られてる方が多いのです。 

その目的が暖かい気持ちによるものであるのならばたまにでも応援クリックくらいしてくれるでしょうが、実際そうでもないので、割合はともかくとして「傍観好き、興味本位、野次馬、不幸を笑う、呪う」みたいなところの、どれかだと思うと、やはり今のような内容を公開し続けるのはちょっと嫌だな、と思ってしまうのです。

というわけで夜の11時からは、魔の時間帯であります。

 

 

更に、この手の話は人により感じ方はそれぞれですが、霊能力のある方々は口を揃えて言われます。

 

「人の執着や嫉妬や悪意の念は意識的、無意識的に関わりなく「生霊」となって飛んでいき、運勢が悪くなるどころで済めばいいが最悪命を取られることもある」

 

…怖いですね… 

そうだとすると、ブログで名前や顔を出している娘などは、このような生霊の格好の餌食になってしまうでしょう。そのような、「ブログを通しての怖い念」を遮断する方法をどなたかご存じでしたら教えて頂きたいものです。

 

スポンサーリンク  

 

一方、応援して下さる方のパワーも凄いものが

 

でも反対に、頑張ってください!という、こちらの胸の熱くなるような気持のこもったヒューマニズム溢れるメッセージも表に影にちょくちょく頂くので、「くららちゃんが回復するように応援するぞ!神様に祈ってあげるぞ!」という強い念も送って頂いていることは確かなのです。

 

そして、仮に、閲覧して下さった人の、1割でも、こちらへの共感や応援をクリックで表して頂いているのなら、その数は凄いことになり、少々の悪い念を送る人がいようが、ダークな気持ちで呪いを送る抱く人がいようが、へっちゃらなのですよ。

 

しかし現在の、2%50人に1人)とう誠にお寒い共感の表明では、これから心ある方に娘の回復状態や社会復帰の過程を伝えさせていただくために「娘の社会生活」を公開していくのは、ちょっと不安がありすぎる…という気持ちが徐々に強くなってきています。

 

また、「非公開」(限られた人のみへの公開)にすることによって確かに、現在は書きにくいことも自由に書くことができるというメリットを実感すると思います。

 

ブログを始めた頃は、全てを失って怖いもの無しだったため、自分の伝いたいメッセージをストレートに出した「潔い記事」でありましたが、現在は、四方八方に気兼ねをしまっくってがんじがらめになっている状態です。昔感じていたカタルシスが全くありません。

 

その点、匿名ブログで、子供の学校のことなど好きな風に書ける方(芸能人や有名人以外ほぼ全ての方がそうですが…)が本当に羨ましいです。

 

アメブロのように、公開記事と非公開記事を一つのブログの中で設定できればいいのに…と思うのですが、この有料の「はてなブログ」はそんな機能もないというのですから驚きです。

 

今後どのような形にするかはまだ思案中ですが、これだけは記事にしておかねばならない「案件」が幾つかありますので、それをまずは終わらせます。

 

方針を決めるに当たり「統計」を取る意味で、このブログに共感を抱いてくださる方、娘を応援する気持ちを少しでも持たれている方は、ご面倒ですが、しばらくは下の画像に「投票のクリック」をお願いできますでしょうか?

🌹毎日の応援クリックは🌹

  • BLOG RANKING 

 

にほんブログ村 病気ブログ 脳脊髄液減少症へ