Friendshipは船と港 ~藤田くらら 小6でTOEIC980点までの軌跡~

小学6年でTOEIC980点を取った女の子のお話。中学1年での、学校体育時の事故が原因で「脳脊髄液減少症」を発症。寝たきりから「復活」の兆しが…

娘の「アメリカナイズされたエンタメ世界」の理解者、ついに現る!

今、夜の8時すぎですが、このところ色んな用事が入りこの時間帯までまとまった空き時間がありません。本来は、腰を落ち着けて「学校問題」に取り組みたいのですが、今の雑事に追われた落ち付かない精神状況では無理なため、ライトな話題が続いておりますがよろしくお付き合いくださいませ。

 

娘の完全にアメリカナイズされたエンタメの世界

昨日の記事でご紹介したように、娘は幼児期から、ディズニーチャンネルやニコロデオンを観て育ち、その後は『ウェイバリー通りの魔女たち』☞『フレンズ』☞『ビッグバンセオリー』という大きなブームを辿り、その間、他の細かいドラマや映画の数々を観ていました。

 

別に禁じていたわけではありませんが、日本の連続ドラマは見たことがないと思います。先日、テレビをつけたらたまたま『半沢直樹』がやっていて、歌舞伎界の方々の顔芸が面白く笑いながら見ていたのですが、その次を観たいという気持ちも起こらないようなので、その後はありませんでした。

 

歌のほうは、小さい時からアメリカンドラマの主題歌や、ビートルズ、カーペンターズ、ABBA、そして、私がフランス語で教えたフランスギャルの「夢見るシャンソン人形」、中国語のデュエットなど、いわゆる、今どきの日本の歌謡界の歌とは路線を全く異にした道を歩んでいました。(アナ雪だけは流行に乗って歌っていましたね)

 

しかし、その後は周りの影響もあり、アニソンや、東方、ボカロ、などの世界も知り、カラオケに行っても、別々の部屋を取らないと嫌気がさしてしまうような日々がありました。

 

学校事故まではこんな感じでしたね。

 

そして、病に倒れてからというと、まずは脳脊髄液減少症で寝たきりになってからはイギリスの少年コーラスグループの「リベラ」を聴いて聴いて聴き倒して、後に脳の状態が良くなり始めて少しスマホ画面が見られるようになると、主に海外のリベラファンの大人の人達と交流を持ち、一人ぼっちの孤独な日々の唯一の暖かい絆となっていたのです。

 

リベラをもうこれ以上ない程深く愛した後は、自然の流れでアメリカのポップカルチャーの世界にのめり込んでいったようです。寝たままで頭を使うことなく広げられる歌の世界は闘病中の娘を魅了しました。

 

どんなのを聴いていたのかはさっぱり知りませんが、アメリカの若者なら誰でもわかるようなシンガーだと思います。日本でも超有名なユニクロTのビリー・アイリッシュのような人だけでなく、実に多岐にわたるシンガーのことを知っているようです。(顔は思い出せるが名前が一つも出てこない・・・)

 

スポンサーリンク  

 

普通、わかる子供はいないでしょうね…

ドラマも歌もこんな感じでしたから、娘は小学校から現在に至るまで、お友達とは「自分の趣味の話」はできなかったのではないかと思います。

「言っても誰も知らない」ということを幼くして悟り、ずっと一人で楽しみながら英語ドラマや洋楽の世界を広めてきたのです。

 

そして、今春から、バイリンガル教育をする高校に入学して、「娘と同じ世界を持つ子」がいるのではないだろうか?と、私は密かに期待していたのです。

 

コロナ第一波によるオンラインの期間が終わり、いざ蓋を開けてみたら・・・

何だかそうでもなさそうだとわかってきました。

 

この学校に限らず、日本全国の中高生の好きなグループと言えば、ジャニーズか韓流であることは間違いありませんが、特に娘の学校は韓国人の生徒さんの割合が多いので、当然ながら話題の種といえば「韓流タレントさん」になっているのです。

 

実際、高身長、イケメン揃いでビジュアルは満点、ダンスは切れがあり、ですから年頃の女の子だとイチコロで参ってメロメロになってしまいますよね♡

 

私も以前、個人授業で生徒をリラックスさせるために、嵐やら、キンプリやら、乃木坂やら、欅坂やら、いくつかの韓国の綺麗なねえちゃん達のグループ(また名前が出てこない・・・あ、twiceとかだった?)やらのメンバーの名前を覚えたりしていたのですが、「はまれば確かに面白い世界かもしれないなぁ」とは思いましたね。

 

でも、考えてみれば私も若い頃、中学はジュリー、高校はDeep purple とWhitesnakeのボーカルだったDavid Coverdaleを始めとして、海外のヘビメタばかり聴いていたので、ジャニーズや、男性アイドルグループには全く興味はなかったのです。(海外のアイドルグループ的なデュラン・デュランなどは好きでしたが)

 

やはり血は争えないのかもしれません・・・

 

同様に、既に自分の路線を突っ走っていた娘の心には、ジャニーズ、韓流のような「男性人気アイドルグループ」の入れる余地は既になかったのでしょう。結局、全く興味を示さぬまま16歳になりました。

 

やっと出会った感激の日

 

というわけで、今後、予想外にジャニーズや韓流にはまったりすることがないとは100パーセント言い切ることはできませんが、取り敢えず今の娘の心は洋楽やアメリカンドラマに恋をしている💛状態なのです。

 

今までの経験上、

「もう、アメリカのドラマや歌手とか「自分の趣味の話」を友達にすることはないだろうなぁ」

 

と、ちょっぴり寂しさを覚えていた娘なのですが、先週学校から帰るなり興奮気味に私に告げたのです!

 

「転校してきた帰国の子がね、話をしていて私が『それって○○ドラマに出てくる●●●みたいやね!』て言ったら、『そうそう、その通り!』ってわかってくれた!」

 

まさにこれは、娘にとって生まれて初めての大事件だったのです!

 

まだ絶対に学校の中に「隠れファン」が何人もいると思うので、うまく巡り合えたらいいね♡

(このブログを見てくれている学校の生徒さんで、洋楽やアメリカのドラマが好きな子がいたら娘に声をかけてくださいね~(^-^))

 

 

 

🌻切なるお願いお帰りの前皆様の「一日一善」の実践の応援クリックお願い致します!☟

娘の画像をクリックして、ローディングが終わるまで数秒 待ってから戻るようお願いいたします。それから、(可能でしたら)右の「猫の画像」を同様にクリックです。 

頑張る紅に励ましのお気持ちを届けてください!下の小さな娘野生ネコの画像それぞれにクリックをお願いします ☟

🌹毎日の応援クリックは🌹

  • BLOG RANKING 

 

にほんブログ村 病気ブログ 脳脊髄液減少症へ