Friendshipは船と港 ~藤田くらら 小6でTOEIC980点までの軌跡~

小学6年でTOEIC980点を取った女の子のお話。中学1年での、学校体育時の事故が原因で「脳脊髄液減少症」を発症。寝たきりから「復活」の兆しが…

「Friendshipは船と港」第1部最終章 ~ 2020年3月17日 中学生最後の一日のスケッチ③

卒業式の続きです♪ 

 

教頭先生の式辞に続き、訪問授業に来る度に娘を心配して下さった担任の国語の先生、面白いトークでいつも明るい雰囲気を作って下さった数学の先生、そして、授業のご縁はありませんでしたが、初めてお会いした時から最後の卒業の日まで娘を褒めちぎって下さった英語の先生より、直々に暖かいお言葉を頂きました。

 

スポンサーリンク  

 

その後のサプライズ

 

どこの卒業式も、生歌は禁止だったと思うのですが、ここもその例に漏れずでした。

しかし、ビデオで、院内学級の先生総出演?での、卒業の歌の美しいコーラスを届けて下さいました。間奏の時に、「ふじたくららさん、ご卒業おめでとうございます♬!」のセリフ入りで、臨場感溢れるものでした。

f:id:kanon139:20200319162727j:plain

 

この日は、既にこの院内学級に籍のない娘のための卒業式でしたが、翌日は入院している生徒さんの卒業式をされたのだそうです。きっと、その子供たちのためにも、別バージョンで卒業の歌のビデオ撮りをされているのだと思いますが、先生方の熱いお心は娘を含め卒業生みんなにしっかり届いておりますよ!

たくさんのお時間を娘のために使って頂いて有難うございました!

 

そして、最後に、この病院に入院している中学部の生徒さん達からの素敵な愛のこもる手作りのブーケを渡していただきました。会ったこともない娘のために一つ一つのお花を丁寧に手作りにして頂いて感激です( ノД`) こんなに優しい心を持つ皆さんの一日も早いご回復を、娘と供に心より願っております!!

f:id:kanon139:20200322123628j:plain

 

  

今日という到達点に来るまで、娘の心を明るい方向へ導いてくださった先生方と

f:id:kanon139:20200319162122j:plain

 

そして、お歌を歌って下さった先生たちとも記念撮影

f:id:kanon139:20200319161946j:plain

 

 こうして、娘の中学校の卒業式は終わりました。この嬉しそうな満面の笑みを見てやってください!もう以前のどん底の時の悲壮感はありません。

f:id:kanon139:20200319162138j:plain

 

中学校へは三分の一しか通えなかったけれど、この一日が、その空白の日々を埋め合わせるに値するほどの充実した、濃厚な感情が凝縮された時間にしていただけました!

 

スポンサーリンク  

 

Friendshipは船と港

 


昨年5月14日、初めて院内学級を訪問した日の写真。

事故以来初めて沢山の暖かい笑顔に触れました。1年間以上笑わなかった娘は、一回目の訪問授業の日に初めて笑う事ができました。そして、孤独地獄の中で人恋しさに飢えていた娘は、初めて教室に足を踏み入れたこの日に沢山の先生の思いやりに触れて、かつての明るかった自分の姿を思い出したのです。

f:id:kanon139:20200322130747j:plain



この娘にとって奇跡の救済の地友生支援学校みなと分教室

 

f:id:kanon139:20200322123559j:plain



それは奇しくも、5歳の娘があの日放った奇跡の言葉「Friendship は船と港…」と同じでした。

 

www.tomaclara.com

 

フィリピンの先生とスカイプ英語のレッスン中、教材の内容について先生が問うた。

friendshipって何かわかる?」

物陰で聞いていた私は、「大人なら「友情」って答えるよね。でも娘ちゃん、friendなら「お友達」って知ってるけど、「友情」なんていう抽象概念、日本語の語彙おそらく持ってないわ。どう答えるんだろう?」と興味津々。

そして娘はいつもの如くすぐに答え始める。

 


「ある時、お船が大きな海に航海にでました。でも嵐がやってきてお船は揺れて沈みそうになります。
そしてその時お船は波に大きく揺られてとても苦しい思いをして怖くて泣きそうになります。その時そのお船は、なら大丈夫だと思って一生懸命に戻りました。お船を嵐から守り、安全で安心できる気持ちにしてくれました。

"friendship" はこんなお船と港みたいなものだと私は思います」

 

 

当時、娘はいつも私を上目遣いに見上げる、まだこんなに小っちゃな女の子でした…

f:id:kanon139:20200322151826j:plain

5歳の春、京都嵐山の桜と

 

このとき、娘には10年後の自分の姿が見えていたのでしょうか?

地を這いまわるような不運に見舞われ絶望に打ちひしがれていた時、そこに蜃気楼のように現れた。5歳の自分が抱くFriendshipの概念がそのまま現れたような教室と先生達。

 

ありがとう友生支援学校みなと分教室

 

難破した娘のになってくれてありがとう!

 

 

かつて難破した船は、この心優しい港で傷を癒し、与えて貰った燃料を積んで、再び未来へ向かっての航海に旅立つ

f:id:kanon139:20200319161931j:plain

 

 まだ恐れを知らなかった幼い頃の「自分」を信じて、夢一杯の大海原へと…

 「じゃあ、行ってきます!」     

f:id:kanon139:20200322151052j:plain


   ~ BON VOYAGE ! ~   
 

 

 

これまでの1年間、ご声援ありがとうございました!

 突然ですが、これから娘の新生活に向けて怒涛の資金繰り(*_*;、と、引っ越し準備に取り掛かるため、「第一部」(?)が終わったところでしばらく休止させていただきます。

今日も3時間かけるなど、このままだとブログに耽ってしまい引っ越しが出来なくなる恐れがあるので、先ほど突然決心しました。まだ、書きかけのところが多々あるため再開はする予定ですが5月になってからでしょうか…ロスになれば突然更新するかもしれません…

ふらりとお立ち寄りの際には、置き土産に、応援クリックして頂ければ嬉しいです☚執着‼

皆様もこの春をお健やかに過ごされる事、陰ながらお祈りさせていただきます。

*脳脊髄液減少症治療に関しましては、責任は持てませんが( ;∀;)、お問い合わせがあればこちらの経験で答えられる範囲でお返事させていただきます。

                

 

 

祝旅立ち! 娘への励ましとランキングサイトからの病気の周知活動の爲下の小さな娘野生ネコの画像それぞれに毎日「ポチポちとクリック」をお願い致します!     

🌹皆様の毎日の応援クリックはです!🌹

  • BLOG RANKING 

 

にほんブログ村 病気ブログ 脳脊髄液減少症へ