Friendshipは船と港 ~藤田くらら 小6でTOEIC980点までの軌跡~

小学6年でTOEIC980点を取った女の子のお話。中学1年での、学校体育時の事故が原因で「脳脊髄液減少症」を発症。寝たきりから「復活」の兆しが…

久々に落ち込み外に出たら「天からの贈り物」を受け取る!~ 憩いのオアシス

(今日は、時間がないので「憩いのオアシス」としての記事をお届けします)

 

昨日は、自分の体調のことで思い悩むことがあり、今年初めて気持ちが心底落ち込みそうになっていました。

この10年ほど、二人の子供の問題に親として当然の事ながら「滅私奉公」のような形を続けており、本当に自分の身体の事とか、自分の見た目や、睡眠時間の確保や、娘が入院して家にいないときには食べるものに無頓着に生きてきました。

親知らずが炎症を起こして痛んだ時だけはさすがに歯科医院に駆け込みましたが…

 

そんな中、先月、ふとしたことから普通の人には見えないものが「視える方」とのご縁を頂き、お話をする機会があったのです。

勿論、話していたのは「子供の問題」のことのみでしたが、最後にこう言われました。

 

「お母さんのほうが大丈夫ですか?相当疲れてられますよ…」

 

私としては、大変意外な気がしました。1年前までの地獄の状態に比べれば、今は本当にストレスはほぼないくらいの明るく生き生きとした精神状態だと思っていたのです。

なので、

「いえ、全然元気ですよ!娘がなんとか学校に行けたりしているので、まだ良くなる希望を感じているくらいです♪」

と、答えたのですが、その方が、まだじっと見てられますので、

「私の背後に何か視えるのですか…?」

と軽く尋ねましたら、深刻そうに頷かれました。

ストレス度合いが、凄いレベルになっていて、そういうのがもくもくとしているのがはっきり視えておられるそうです。

 

正直、私は以前に比べ、相当ストレス耐性が強くなったと思います。母親として子供を守るための闘いを長期間続けているうちに、以前の私なら悲鳴を上げてしまいそうな事態でもわりと平静に受け止めることができていると思います。

 

しかし、身体のあちこちがおかしくなり始めているようなところがあり、そのことを考えるとちょっと昨日は落ち込んでしまったのです。ストレスが絡んでいるような症状ばかりです。

「娘がまだこんな状態で、今、もし自分が動けなくなってしまったら困るなぁ…」

などと、確固とした根拠がないままに、これまで見て見ぬふりをしていた自分の健康状態のことを意識してみると、なんだかとても暗い気持ちになってしまいました。

 

更に、万が一のことがあったと仮定して、自身はこの世を去ることに何の恐怖も未練もないのですが、心残りはやはり子供のことです。

でも、そうなった場合でも、「娘の守護霊にでもなって守っていけばいいか」…などと、そういう方向に連想が進んでいました。

 

スポンサーリンク  

 

このタイミングでこの現象はやはり何かのメッセージ?

 

そして、買い物に行こうと外に出たとたん、凄いものが目に飛び込んできたのです!

f:id:kanon139:20200727180411j:plain

 

時刻はもうすぐ午後7時になろうというところです。もう、びっくりするくらいの「虹のお手本」のような見事な巨大な虹がかかっていたのです! 画像の何倍も壮大で、色もはっきりした、大空にペンキで描いたような鮮やかなものでした。スマホでは全体をとらえられないのは残念ですが、もう、見るものを圧倒するような見事な色彩と存在感です。

「これは、宇宙を取り仕切る法則のようなものが私を慰め励ますための希望を見せてくれたに違いない!」

と咄嗟に感じました。

そして、単純な私は、この虹のおかげで落ち込みは完全に消えました。

 

余りに見事なので、外を歩いていると、たくさんの人がスマホを構えて写真を撮ってられました。 

虹は7分くらいで薄れて消えてゆきましたが、その過程で、また例のものが見えましたよ。うっすらとダブルレインボウ 

f:id:kanon139:20200727110441j:plain

 

そして、その後にさらに良いことが…

買い物から戻ってポストを見たら、娘の学校から分厚い封筒が届いていました。

案の定、娘が苦労して授業に出席した努力の結晶が記された成績表でした!

カリキュラムや、成績の出し方が一般の高校とは違うので、詳しい方に尋ねてみましたら、「将来に向かいとても希望が持てるもの」だということがわかりました。

 

そして何よりもうれしかったのが、各教科の先生からのコメントです。

「体調が悪いのに最大限の努力をしていました」

「意欲的に課題に取り組み、周りの生徒とも協力して学習ができました」

「くららさんが毎日教室に来られて勉強できたことに感謝しています」

「凄まじい努力をしているのが見て取れ、こちらも教え甲斐がありました」

 

そこには、学校から娘へ送られた”努力賞”のようなものが添えられていました

f:id:kanon139:20200727140255j:plain

 

 そして、娘の学校復帰をずっと支えてきた私にとって何よりも嬉しかったのは…

f:id:kanon139:20200727130634j:plain

欠席 0  

ずっと出席が0だった子が、苦しい闘病の末ここまで回復し、登校の際も体調との闘いをコントロールしながら達成した感慨深い数字なのです…

 

f:id:kanon139:20200727110419j:plain
f:id:kanon139:20200727180411j:plain

 

 

🌻最期に、「1日一善」の応援クリックをお願い致します!☟ 

娘の画像をクリックして、ローディングが終わるまで数秒 待ってから戻るようお願いいたします。それから、(可能でしたら)右の「猫の画像」を同様にクリックです。そうでないと、せっかく応援して頂いても、うまくランキングサイトのほうに入らないことが多々あるようですので…

 

頑張る紅に励ましのお気持ちを届けてください!下の小さな娘野生ネコの画像それぞれにクリックをお願いします ☟

🌹毎日の応援クリックは🌹

  • BLOG RANKING 

 

にほんブログ村 病気ブログ 脳脊髄液減少症へ