Friendshipは船と港 ~藤田くらら 小6でTOEIC980点までの軌跡~

小学6年でTOEIC980点を取った女の子のお話。中学1年での、学校体育時の事故が原因で「脳脊髄液減少症」を発症。寝たきりから「復活」の兆しが…

娘はどの国の大学に流れ着くのだろうか ~ アメリカ?台湾?日本?それとも...

前回の続きです。 

www.tomaclara.com

 この記事で書いたように、アメリカの大学は日本のように学力偏差値によって合格圏内の大体予想がつくというものではないようで、課外活動や特技、ボランティアなども判断の対象となります。

 

そのために、小、中の頃から、「素晴らしい成績と人物像」を作り上げるために皆さん頑張っておられるわけです。そして純粋に一芸に秀でた場合は入試でもしっかり評価をしてもらえるというのは「子供のためにはよいな」と思いますが、学力だけでは受かる大学の目安がつかないため、合格の不確実性というのがついてまわりますね。

 

成り行きで受験することになった娘の場合は、そのあたりが更に難しくて、本当にどうなるのかさっぱりわからない有様なのです。

 

スポンサーリンク  

 

学費の問題も・・・

おまけに、アメリカは学費が異常に高く、州立でも年間数百万の所も多く、有名私学だと600万とか700万とかざらにありますので、大抵は皆さん奨学金申請をするのですが、奨学金のついた合格をもらうのがまた数段難しく、実際のレベルより1~2段階落とした大学に入るというのも普通のようです。

 

なので、結果的に合格をもらえるのは、今の段階で聞いたこともないような名前の辺鄙な場所にある学校になる可能性もあり、その場合(体調が回復していたとしても)行かせても良いのだろうか??・・・と悩むことにはなりそうです。

 

客観的に見れば、こんなにすぐに体調が悪くなってぶっ倒れて寝込んでしまう未成年の子供を、信頼できる知り合いが全くおらず、日本とは治安が比べ物にならないくらい怖い国に一人で送り出すなどあまりにも無謀な気が致します。

 

なので、やはり最初は私がついてゆくことになるのか・・・

もう海外は全く行きたくなくて日本でホンワカと過ごしたいのですが・・・

 

スポンサーリンク  

 

日本の大学、アジアの大学

 それならば国内で、(今となっては私学のAO入試になると思いますが)近場の関西の大学で英語で講義が受けられ、自宅から通え各面での安全も守られる所の方が安心は安心です。

 

ふと考えたのが、アジアの大学

 

香港はあの混乱状態ですが、シンガポールなどは英語系の大学があります。

或いは目先を変えて、私達のお気に入りの国の「台湾大学」なら、国自体が日本よりも英語の導入が進んでいてほぼ英語で講義が受けられ(どの程度か正確にはわかりませんが)、そこから英語圏への留学もできると書いてあります。小学校の時に通った中華学校の校長先生の推薦状があれば、娘の今の学校の成績と英語の能力なら合格の可能性も大きいと思います。

 

この道を取るのが受験にしても、向こうに行ってからの生活にしても一番負担が少ないかもしれません。おまけに滞在中に既に基礎のある中国語も完全に習得できて専門職につかないのなら、一般的な就職には重宝しそうです。

 

そして、台湾大学の場合、学費が嘘のように安い上に留学生には奨学金も出るので、寮などに入れば出費はほんの少しで過ごせることも考えられられます。お小遣いが欲しければ日本語を教えるバイトもできて、食事もおいしく、食堂も多く、人も温かく、特に、「台湾の東大」であるこの大学なら真面目で優秀な学生さんに囲まれて、ドラッグの心配などすることもなく楽しいキャンパスライフが送れそうな気もするのです。

 

本当に台湾なら何の心配もありません!台湾なら一緒について行きたい・・・でも中国が攻めてきたら怖い。

 

 これを娘に話したら機嫌が悪くなるので、敢えて言っておりませんが・・・

子供の頃は「台湾大学に行ってタピオカミルクティーを飲みまくる!」とか言ってたのですがね。

 

ということで、今の所、私の心の中で想定しているのが☟

 

☆体調がすごく悪い場合・・・日本の近場の大学にAO入試で入り休学も視野に

 

☆体調が今くらいの場合・・・台湾大学に入って、私がちょこちょこ様子を見に行く

 

☆体調が良くなった場合・・・アメリカのどこかの大学で奨学金が取れるところ              又は、奨学金付きのカナダの大学も視野に・・・

 

という感じでしょうかねぇ…? 

 

体調の落ち着きどころが全く読めないため、土壇場でどの国の大学になっても慌てないように今年度が終わる頃には心の準備と入試の準備をしておこうと思っています。

 

 

 

 ☟帰り際に応援クリックをしていただけると物凄いはげみになります♡

 「一日一善!」応援のパワー「2つのクリック」をどうぞお願いいたします!☟

🌹毎日の応援クリックは🌹

  • BLOG RANKING

 🌸読者登録はこちらから🌸