Friendshipは船と港 ~藤田くらら 小6でTOEIC980点までの軌跡~

小学6年でTOEIC980点を取った女の子のお話。中学1年での、学校体育時の事故が原因で「脳脊髄液減少症」を発症。寝たきりから「復活」の兆しが…

コロナ禍における 「予防」「治療」「排毒」サプリ、漢方 ~ イベルメクチン、清肺排毒湯、セレン、アップルペクチンetc...

 このところブログ界でも、新型コロナやワクチンについて予防や自衛、諸々…について果敢に切り込んでおられる方が多くみられるようになってきました。今日はそれをご紹介します。

  

イベルメクチン

7月初旬に日本でも「イベルメクチンの臨床治験開始」のニュースが流れ、最近もメディアの話題に上る事が多くなり、心待ちにしていた私は「やっと来たか・・・」の思いを持っています。

f:id:kanon139:20210817212519j:plain

 (日経バイオテク)

 

イベルメクチンの事を、自称「健康オタク」のブロ友さんが客観的視点で纏めておられました

治療薬イベルメクチンを注文する | みっくす占いで 運命図をひも解いてわかったこと

 

 ブロ友さんが記事内で言及されているところの、「兵庫県尼崎で実際にイベルメクチンを処方されて治療効果を上げておられるお医者様」がおられる情報は以前から掴んでおりました。

「いざという時はここに駆け込もう」などと考えたりもしていましたが、数日前に昼のワイドショーに出演されるなど、目に見えてイベルメクチン承認への流れになっている感があるようです。

 

なんとこのイベルメクチンコロナ騒動当初に米国の救急現場ドクターが使用した際に著効がみられたのにもかかわらず、何故か上からの圧力で使用が許可されなくなった」と、当事者である米国女性医師が決死の覚悟で訴えておられる動画をかなり前に見ていました(闇・・・)

しかしながら、インドやブラジル、メキシコ、ペルーなどでは大規模なイベルメクチン使用後10日以内に感染者数、死亡者数共に激減しているという結果が明らかになっており、既にこれだけの被害が出た後で「これから治験」というのは遅きに失する感はありますが、やっと日本でも使える日が近づいている気配はします。(遅いんだよ…!(。-`ω-))

(先日ご紹介した、感染者数や死亡者数と2回目までのワクチン接種率も一目でわかるサイトです。ご参考までに)

covid.gutas.net

  

感染しても病院に入れないこの状況下で免疫強化のために、私もビタミンD3を飲んだりしていますが、上記ブロ友さんの購入経路とは違いますが、イベルメクチンも個人輸入してお守り代わりにしています。

 

清肺排毒湯

 また、このブロ友さんの他の記事には中国でもコロナの予防と治療に推奨されている漢方が紹介されています。

ameblo.jp

 

薬剤にアレルギーがあるので専ら漢方を用いる私にとっては嬉しい情報ですが、残念ながら日本ではエキス剤はないようです。が、ブロ友さんはそのことについてはしっかり書かれています!(流石健康オタクの検索能力と知識量‼)

 

「日本では清肺排毒湯としてのエキス製剤はない

代わりに麻杏甘石湯胃苓湯小柴胡湯加桔梗石膏の3剤を同時に服用するかたちで、他のエキス製剤を組み合わせによって同等品を作ることができる」

 

難しい名称のその3つ漢方はいつも内科で処方してもらう「ツムラ」でもありました!

f:id:kanon139:20210817182556j:plain
f:id:kanon139:20210817182645j:plain
f:id:kanon139:20210817182755j:plain

もう少し色々調べてみて、もし 内科で処方してもらえれば、3つを混ぜて、一回分3分の1を飲み、1日3回で飲み切ってみようかと思います。ただ、漢方なので「証」に合うかはわかりませんが・・・

 

清肺排毒湯について更に詳しいことはこちらから☟
www.youtube.com

 

CDC(米国疾病予防管理センター)からも「ワクチン接種を終えた人らのデルタ株による集団感染」も報告されており、また、「ワクチン接種によっての集団免疫の獲得は難しい」と、英、米のと専門科から指摘が出ています。

英国ワクチン専門家「デルタ株のせいで集団免疫は不可能」(中央日報日本語版) - Yahoo!ニュース

コロナに対する集団免疫は幻想か-接種率95%でも実現不可能との指摘(Bloomberg) - Yahoo!ニュース

  

よって、ワクチンを打たない・打てない人は勿論のこと、打った方にとっても感染予防というのは全体の今後の大きな懸念事項だと思いますのでご参考までに・・・という気持ちです

 

スポンサーリンク  

 

 

ワクチンの「毒」は排出できる・・・?

さて、ここからは大きく関心が分かれる内容だと思いますが、今まで目にしなかった類の情報が伝わってきましたのでご紹介します。

 

そもそも全てのワクチンには人体には毒となる成分が含まれているようですが、そんな中でもコロナワクチンが長期的に人体の免疫システムに及ぼす作用の事を心配されている方も少なからずおられると聞きます。

 「打ちたくなかったのに、職場接種が義務付けられて・・・」

「なんとなく流れでワクチンは打ったけれど、これから後のことがちょっと心配…」

 

そんな方々がご興味を持たれるであろう記事です。(ご興味のない方は以下は読まれずここまでにされて下さい) 

 こちらのブログです。現在の不可解な世界の動向に「??」という方は是非ご一読を!(読者急増中)

⇒   ホーム | Mai's Homepage

 

写真のブライアン・アーディス医師によると、デトックスの為には、「スパイクタンパク、m-RNAなどの排出」に効果のあるという4つの成分「ビタミンC」「マグネシウム」「リンゴペクチン」「セレニウム」摂ると良いとのことです。上の記事を見て頂くとわかりますが、ドクター推奨の摂取量が結構多いです。

 

そこで、いつも利用する海外取り寄せサイトにあるかどうか探してみたところ、こんなの手に入るの?と思った「リンゴペクチン」もありました。 

 

【ビタミンC】

「免疫強化の効果」は言わずと知れたお墨付きのビタミンCです。これは一粒1000mgを含有しています。持続型で血中濃度を維持できる時間が長いです。動画の中では5000mgを推奨してられますね。

Now Foods, C-1000、250粒

  Now Foods, C-1000、250粒 - iHerb

 

【マグネシウム】

「多くの人が欠乏気味」のミネラルだそうです。数ある中から吸収率が良いということで、信頼できるブランドの物を選んでみました。マグネシウムで「睡眠改善の効果」を感じてられる方もおられます。

f:id:kanon139:20210803213445p:plain

Doctor's Best, 高吸収性マグネシウム100%キレート化アルビオンミネラル配合、

100mg、240粒 - iHerb

 

【セレニウム】

強い抗酸化力を持ち、有害重金属である水銀、カドミウム、鉛、ヒ素などの解毒と排出にも有効。日本人には不足しやすいようです。サイト内では品切れの商品も多く需要が増えているのかもしれません。これは量の調節しやすい100mgです。

Now Foods, セレン、100mcg、250粒

Now Foods, セレン、100mcg、250粒 - iHerb

  

【リンゴペクチン】

 「お通じを良くする目的」で飲んでられる方も多いです。やはり「排出」ですね。上記アーディス医師が動画の中で「放射線被曝を4週間で大幅に減らせる」と強調されていました。

Now Foods, アップルペクチン、700mg、カプセル120粒

 Now Foods, アップルペクチン、700mg、カプセル120粒 - iHerb

 

 詳しくは上に紹介しましたブログ元記事をご覧ください。

 

それぞれは日常的に摂っている人も多いものですね。どの程度効果があるのかは検査もできませんし不明ですが、殊更ワクチンのデトックスというわけではなく、これまでもデトックスや免疫強化に効果があるとされているものばかりです。

さして不安材料もなさそうなので(どんなサプリでも人により合う合わないは勿論ありますが)、私も長年の毒が溜まっているであろう体内のデトックスをしてみるのもありかと思っています。

 

人種や体格、体質によって適用量は違いますので、特にミネラル類は過剰摂取にも注意をされて、ご関心のある方は再度この情報をしっかり吟味されご自分でもよく調べられてから、いつもの如くご使用の際は自己責任でお願い致します。

 

 

何やら色んな情報が飛び込んできて、てんこ盛りの記事となってしまいました。それにしても、こんなことに気を回す必要のない平穏な日常が早く戻ってくれることを切望します‼

 

 

※ デリケートな話題のためコメントはご遠慮ください。記載したことは主張、押し付けの気持ちではなく、関心のある方にも知っていただけたら、という思いです。

 

 ☟帰り際に応援クリックをしていただけると物凄いはげみになります♡

 「一日一善!」応援のパワー「2つのクリック」をどうぞお願いいたします!☟

🌹毎日の応援クリックは!🌹

  • BLOG RANKING

 

 🌸読者登録はこちらから🌸