Friendshipは船と港 ~藤田くらら 小6でTOEIC980点までの軌跡~

小学6年でTOEIC980点を取った女の子のお話。中学1年での、学校体育時の事故が原因で「脳脊髄液減少症」を発症。寝たきりから「復活」の兆しが…

新種の「割れるような頭痛」で学校を休んでしまう

 

昨日5月6日は、ゴールデンウィーク明けの初登校の日でありましたが・・・

 

朝、普段とは違い目覚ましが鳴ってても目を醒ます気配がないので、少ししてから起こそうとすると、

 

「昨夜から頭が割れるように痛くて眠れなかった。今も痛くて起きられない。学校に電話かけて・・・」

 

夜中にごそごそしていたような気配は、「頭が痛くて眠れない」ということだったのでした。

 

学校には、

 

「体調が悪いです。いつものように遅刻になると思いますが…」

 

と、連絡しておきました。

 

しかしながら、寝ていてもここまで酷い頭痛を訴えるなんてことは、福山のブラッドパッチ後は全くないことでしたので非常に心配です。

 

すぐに脳外科のある、こちらでかかりつけの病院へ連れていこうかと思いましたが、生憎この日私は明石の病院のN先生に、私のほうの件での「セカンドオピニオン」を伺うための予約をしていました。

 

娘はぐっすり寝ていて当分起きる気配はなさそうなので、さっと行ってさっと帰って来ようと思い、9時過ぎに明石に向かったのです。

 

この日は快晴で、慣れ親しんだ須磨の海岸がうららかな風景を見せています

f:id:kanon139:20210506135629j:plain

 

ここからバスに乗り病院に到着した時に、「娘、もう学校行っただろうか?」と、スマホの位置情報で確認したところ、アパートから動いておりません。

 

いつもなら、10時頃までには体調を整え遅刻をしてでも学校に行くのですが、一体何が起こった?!

 

一応、学校を休むのかを確認しようと、電話しても出ず、LINEを送っても返事は来ず、かけても出ず、です。こんなことは普通ない事なので、「容体が急変したのか?」と、すごく不安になりましたが、2時間という距離なのでもうどうしようもありません。

 

そうすると、30分くらいして、「ごめん、熟睡していた」と返信が来たのでほっと胸をなでおろしたのですが・・・

 

スポンサーリンク  

 

 

診察室では、この時1番の懸念となった娘の頭痛のことも相談しましたが、

 

「まずは頭痛薬飲んで見たら?」

 

と至極真っ当なご意見を頂いたのです!

 

「な・る・ほ・ど・・・‼」

 

なんでこんな当たり前の事が頭になかったのでしょう!!


脳脊髄液減少症の頭痛の酷い時に何度か頭痛薬を飲んでも効かなかったので、「頭痛」⇒「薬」という流れが頭から完全に消えていたのです。

 

そういえば、家にロキソニンがありました。これで試してみようと思い帰りを急ぎました。

 

朝霧駅からの明石海峡大橋も淡路島の島影もこんなにくっきりなので、いつもの気圧降下による頭痛ではないのは明らかです

f:id:kanon139:20210506135234j:plain

 

JRに乗り、額縁に入った水彩画のような須磨の海をぼんやりと眺めます。


ふと「私たちはどのようになってしまうのだろう・・・」思いがよぎりますが、「なるようにしかならない」と思うと、不安な気持ちがこの海のように大きく穏やかになります

f:id:kanon139:20210507120703j:plain

 

そうして、アパートに戻り、「ロキソニン」を飲ませると、頭痛は嘘のように消えたのです・・・

 

 記事にも書きましたが、ゴールデンウィーク中にも一度同様のことがあり、「割れるような頭痛」のために、なかなか起きられませんでした。

 

一体何が原因なのか???

 

N先生は、「脳脊髄液減少症の患者さんでは珍しい事ではない」とおっしゃっていましたが、髄液漏れのために脳が長い期間不自然な状態にあったことは確かです。こんな事が続くと心配なので、久々にMRIとMRAをしておこうかと思っています。

 

結局、学校は連休明けから1日まるまるの授業を休んでしまい、ぎりぎりで勉強を頑張っている娘は頭痛だけでなくこちらの方も大変痛いこととなりました・・・( ノД`)…

 

 

 

(昨日は、久々にたくさんの応援クリックをありがとうございました。大きな勇気を頂けました) 

 

 「一日一善!」応援のパワー「2つのクリック」をどうぞお願いいたします!☟

🌹毎日の応援クリックは🌹

  • BLOG RANKING

 🌸読者登録はこちらから🌸