Friendshipは船と港 ~藤田くらら 小6でTOEIC980点までの軌跡~

小学6年でTOEIC980点を取った女の子のお話。中学1年での、学校体育時の事故が原因で「脳脊髄液減少症」を発症。寝たきりから「復活」の兆しが…

「娘 好転せず」のストレスで煮詰まりそうな折に嬉しい知らせが‼ ~ 憩いのオアシス

術後19日目です。娘の胃腸症状はまだ悪いようで、昨日は大好きな唐揚げを食べたらまた気分が悪くなってしまいました…そして、相変わらず朝も起きられません。食欲皆無で「1日1食と少しつまむ」くらいになっています。

昨日会った「お爺ちゃん」も、今朝の電話でぼそっといったのですが、

「良くなってるふうではないな… 何かどちらかというと悪化してないか?」

そうかもしれません。

でも今は既に考えることさえ(私の)脳が拒否したがっています。私は私で気晴らしをしないとやってられません…

 

スポンサーリンク  

 

そんな折に嬉しい便りが…

 

昨日、神戸で英語を教えていた生徒さんのお母さんから、メールが届きました。

それは、私にとってはサプライズでありビッグニュース!

学年が変わり初めての定期テストで、英語の2科目ともクラス1番になったというものでした。

 

偏差値の高い中学校に通うこの生徒さんは、ものすごい努力家で、こんなに勉強を頑張る子供を見たのは初めてなのですが、中学に入って初めて英語に触れました。

暗記物が苦手なのに、学校の進度は恐ろしく早く、あれよあれよという間に学年のビリから数えて何人かという、「完全についていけていない状態」になったところで、私とのご縁がありました。

 

そして、それから1年ほどの間、人の10倍ほどの勉強量をこなした彼は、時にはゲームにはまったり反抗期を迎えたりしましたが、私に対してはとても素直でよく学校の話をしてくれる可愛い生徒でした。

 

朝6時起きで、他県の学校に通学、授業をして運動系部活をして帰宅。食事をして家庭教師の時間が2時間、それが終わると日付が変わるころまで学校の宿題…

というスケジュールで、よく体が持つなあ、と感心したものです…(やはり健康は最強の正義です!)

 

一度、やる気をなくしたことがありました。「これだけやっているのに、自分の思った点が取れない」という無理からぬジレンマです。もちろん他の教科も同様の努力で頑張っているのですが、周りの秀才生徒たちがそんなに勉強しなくてもやすやすと良い点を取るのを見て、複雑な心境だったのは想像に難くありません。

 

でも、努力した時間は必ず実りの時を迎えます

 

2か月目くらいから変化は現れ、まずは当初の目標だった「学年平均」に届きお母様大感激!そして安定して常に平均を超えるようになって学校の先生にも褒められ本人の意識が変わりました。数か月後には、「英語が好きな科目」になり、クラスで3本の指に入るようになった半年くらいには、「僕の得意な教科は英語だって言っていいかな?」みたいな自信に基づく言葉が生まれ、この頃の目標は、「次こそはクラスで1番を取る!」に変化していました。

 

私が神戸を離れると決まった時には、本人もお母様も茫然自失の艇でしたが、その後の引継ぎが上手くいき、現在は、「以前は入っても確実についていけなかった」と言われた塾のペースで学習できるようになっているということです。

 

この生徒さん家庭には「娘のこと」は伏せていました。

娘が眠ってばかりで何もできず、何も進まない状況で、この「娘と同年代の根性系の子」のエネルギーに触れ、その凄まじい努力で、あたかも芋虫が蛹になって蝶になってゆくような変身の過程を見続けることは、私にとって、その時間だけは「娘の現実とは別の子供の世界」に身を置き、一人の健康でパワフルな子供の成長をわくわく感を持って感じられるキラキラした時間であったのです。

 

スポンサーリンク  

 

娘に添削してもらったら…

 

その感激のメールに対し、まずお母様にお祝いの返信をし、そして、彼には「今は本当に得意になった英語」での長文メッセージを書くことにしました。

 

スマホ画面で苦労して打ち、送信する前に、「これ、ずっと残るから細かいところ(冠詞とか)が間違ってたら不安だ…」とふと思い、娘に目を通してもらうことにしました。

 

娘は、寝ころんで昨日紹介した「Young sheldon」を観ています。「間違ってないかチェックしてよ」というと、無表情でスマホを受け取りぱっと見て、「合ってる」と一言つぶやき、コメディの画面に視線を戻しました。

 

本当にちゃんと見てくれたのかな?と疑いつつも、「やった!今回はノーミスだ!」と、小躍りして、安心して生徒さんにメッセージを送ろうとしたら、

 

「あ、やっぱりこの表現のほうがいいわ!」とスマホを取られ、

 

「(ご両親の)大きな愛情に包まれ」という意味の部分を、

"with all the love in the world"

 

に直されました。こんなの学校で習ってないので使えません…

 

そして、メールをお母様転から転送してもらいましたので、今頃本人は少し苦労して読んでいるだろうと思います。

f:id:kanon139:20200804130654j:plain

最後の当たり障りのない部分だけ…

 でも、クラスで1番を初めて取って大喜びでご両親に報告したときに、「○○先生に連絡して!」と、私のことを思い出してくれたとは …  なんて可愛いヤツ( ノД`)・・・  

 

 

 

🌻「善意は人を癒します!」ので、応援クリックお願い致します! 善意を届けることで皆様の人格も高まります

娘の画像をクリックして、ローディングが終わるまで数秒 待ってから戻るようお願いいたします。それから、(可能でしたら)右の「猫の画像」を同様にクリックです。そうでないと、せっかく応援して頂いても、うまくランキングサイトのほうに入らないことが多々あるようですので…

 

頑張る紅に励ましのお気持ちを届けてください!下の小さな娘野生ネコの画像それぞれにクリックをお願いします ☟

🌹毎日の応援クリックは🌹

  • BLOG RANKING 

 

にほんブログ村 病気ブログ 脳脊髄液減少症へ