Friendshipは船と港 ~藤田くらら 小6でTOEIC980点までの軌跡~

小学6年でTOEIC980点を取った女の子のお話。中学1年での、学校体育時の事故が原因で「脳脊髄液減少症」を発症。寝たきりから「復活」の兆しが…

尾道で「猫のワンダーランド」に迷い込む‼ ~ 脳脊髄液減少症平癒祈願に「尾道千光寺」参り

連日、「時間、空間、情緒」が、著しく前後、上下に揺れ動く記事の運びにお付き合いいただきありがとうございますm(__)m

 

7月15日の入院までの時間、翌日のブラッドパッチ手術の成功を祈願しに、お隣の尾道の千光寺界隈に行く機会を頂きました。

とはいいつつも、娘が楽しみにしていたのは「猫の道」です。

 

早朝に京都を出た娘は新幹線で、ずっと熟睡しておりました…

www.tomaclara.com

 尾道駅ロータリーに出ます

f:id:kanon139:20200719122703j:plain

同病患者さんのお母様に駅にお迎えに来ていただき、車で千光寺山まで一直線です。

 

今回は、尾道についての予習をする時間が取れず、全てお任せしました。お嬢様が脳脊髄液減少症患者さんなので、娘の今の状態を熟知した上でのコースを設定していただきました。

まずは、駐車場から千光寺へ登る道の途中にある、尾道市立美術館で開催中のトムとジェリー展に向かいます。

 

いきなり猫ワールドが出現…

 

 コロナのために閉鎖していましたが、シュールな外観のお土産店がありました。

最初の猫ワールドに遭遇…

f:id:kanon139:20200719122715j:plain

 

パステルカラー調のオブジェが雨風に晒されていい味を出しています。あたりの猫の避妊手術をするための募金を募っているようです。

f:id:kanon139:20200720011249j:plain

ねこちゃんオブジェが並ぶ上にはメッセージの手紙が…

f:id:kanon139:20200720011331j:plain

 

スポンサーリンク  

 

トムとジェリー展

 

そして、間もなく 美術館に着きます。立派な外観です。一人1000円でしたが、今はこんなものなのですね…

 

私にとってのトムとジェリーは、どっぷり昭和だった小学生の朝、学校へ行く用意をしている時間に東の窓から光が差し込む光の中、まぶしいテレビのブラウン管の上でトムとジェリーが追いかけっこしている数々の場面のの記憶です。もちろん主題歌は今でも歌えます♪ 

f:id:kanon139:20200719122730j:plain

 娘の場合、「靴屋さんに子供のためのテレビコーナーがあって、そこで食い入るようにでずっと見ていた」ことを覚えていると言っていました。

そういえば娘が小さな頃、こちらがご飯を用意したり食べたりする時間を確保するために、専らアニメに子守をしてもらっていました。

今は事故により「眠る人間」にされてしまったため想像がつきませんが、娘は元は、常軌を逸したショートスリーパーで、「昼寝をまったくしない」子供だったのです…

0歳10か月から地元の保育所に預けていて、夕方遅くに迎えに行った後などに、トムとジェリーを見ていたこともあった気もします。ご存じの通り全編を通して「セリフがほぼない」ことから、私の気持ちの中では言語獲得期のものとしてはあまり歓迎していなくて進んで見せることはなかったような気がします…

 

それでも「トムとジェリー」はしっかり頭の中に入っていて、お気に入りは、「ブルドッグのスパイクとタイク」だそう。

 

真剣に見ていてかなりお疲れ。休憩所の立て看板と記念撮影。小さい子なら可愛いく写るですが、大きな子供なのでなんだか違和感が…

f:id:kanon139:20200720011158j:plain

 椅子に座り画集とパラパラと見ながらしばし休憩。今流行りの猫の絵の多い藤田嗣治や、大阪にいる時に見に行った草間彌生に手が延びていましたね。家では画集なんか見ないのに…

f:id:kanon139:20200724145629j:plain

ユニクロ今期の「藤田嗣治」Tシャツ

もう最後に近づいてきました。動画に記憶を呼び覚まされ、観ていて時間を忘れます

f:id:kanon139:20200720010925j:plain


イマジネーションに溢れ、目が離せません!子供が皆夢中になるのは納得

f:id:kanon139:20200720011109j:plain
f:id:kanon139:20200720010858j:plain

 

美術館から見た尾道水道の風景

f:id:kanon139:20200724134959j:plain

 

  そして、お土産ショップでは、ファイルを一枚選んでここにたくさんの思い出を挟み込みました。

f:id:kanon139:20200724111226j:plain

 


案内役のお母様の予定では、娘の体調を心配されて「ここで30分くらい」のつもりだったようですが、思い出溢れる動画の数々が展示してあって、1時間以上かかってしまいました…

 

そして外へ出ると、また猫のオブジェだらけの風景が展開されます!ここは「猫」に特化した美術館のようです。

f:id:kanon139:20200720010640j:plain
f:id:kanon139:20200720010616j:plain
f:id:kanon139:20200720010542j:plain
f:id:kanon139:20200720010750j:plain

 

かつて「アートになった猫たち展」のポスターの真ん中に陣取っていた猫までいた!

「ご来館ありがとうございニャした~」

f:id:kanon139:20200724135008j:plain

 

千光寺へ続く道で、本物が出てきて「ヤッター!」

すでに疲労の色を隠せない娘でしたが、美術館を出ると、どこかから「にゃ~」という声が聞こえてきたため、元気を取り戻します。

 

千光寺に上がる道を少し歩いたところで、生身の猫ちゃんに遭遇。第一号と第二号!

f:id:kanon139:20200724142604j:plain

 

元気に走り回っています。後ろから見つめているのは、やんちゃな「トラちゃん」のお母様でしょうか?猫好きブロガーの方は皆「おチリはモザイク」をかけてられるのであやかりました…

f:id:kanon139:20200724143235j:plain

 

ちょっと休憩。しどけない姿で毛づくろいをする子猫のトラちゃんです

f:id:kanon139:20200720010405j:plain

 

ここで、娘がアプロ―チを試みます

f:id:kanon139:20200724143223j:plain

すると、子猫のトラちゃんから近寄ってきてくれました!

f:id:kanon139:20200720010141j:plain

ここまで近寄ってくれました

f:id:kanon139:20200724144144j:plain

「餌をあげないでください!」とあちこちに書いてあるため、トラちゃんのほうも何ももらえないとわかると自然に離れてゆきました。

 

ネコたちとの遭遇はまだまだ続きます🐈

 

(次回予告画像)

f:id:kanon139:20200724145617j:plain

 

 

頑張って発信していますが 応援クリックが全く増えません。特に、午後11時~0時に来られる三百数十人の方のうち2人しか応援頂けていません( ノД`)、若い方々、ご自身の徳を高めるための「一日一善を」ここで実践してみませんか?(^-^; ☟ 

頑張る紅に励ましのお気持ちを届けてください!下の小さな娘野生ネコの画像それぞれにクリックをお願いします  

🌹毎日の応援クリックは🌹

  • BLOG RANKING 

 

にほんブログ村 病気ブログ 脳脊髄液減少症へ