Friendshipは船と港 ~藤田くらら 小6でTOEIC980点までの軌跡~

小学6年でTOEIC980点を取った女の子のお話。中学1年での、学校体育時の事故が原因で「脳脊髄液減少症」を発症。現在はほぼ寝たきりとなり1年が経過しました。

高校進学までの残された時間

ランキングサイトに参加しています。
病気の周知活動のため、【1日1回】下記バナーのクリックにご協力ください。

PVアクセスランキング にほんブログ村
どこか娘を拾ってください

娘にはもう時間がない。朝起きて、学校へ行けて、授業中眠らないで、頭が働いて勉強がこなせる、ということができなければ、全日制高校に行ける希望は絶たれる。

でも、完全復活ではなくても、学校の理解を得て、過ごしやすい環境を整えてもらえれば、同じ脳脊髄液減少症で、高校へ行けている人もいるのだ。

先日の、「脳脊髄液減少症こどもチーム」の集会にきておられた先輩方のお話では、体育の授業への参加の仕方の検討、リクライニングチェアを教室に置き頭を低く保ちながら授業を聞く、保健室での休憩、重い荷物を持たないような配慮、など、皆色々工夫されている。

学校も、何らかの対応をしてくれるところが増えているようだ。社会的認知度も、10年前とは比較にならないと感じいている。なので、娘の病状さえある程度回復すれば、どこかに入って一日でも長く生徒でいられるよう、学校に配慮をお願いすることは可能なのである。

進級、卒業までは今は望まない。中学の制服を一年間も着る事ができなかった娘を、もう一度学校の明るい場に戻してやりたいという気持ちなのだ。

まずは、行き先を見つけなければならない。しかし、どう考えても、どうあがいても、一般試験は間に合いそうにない。

頭はこのままでは、高次脳機能障害でボケたままの受験となるだろうし、本来希望だった学力勝負の公立上位校を受験する事はもう到底無理なこととなった。これは動かし難い現実である。

頭のぼんやりした症状は、最後まで残ることが多いのだ。ブラッドパッチが成功すると、頭痛が取れ、免疫系等が目を見張るような改善を見せ、自律神経が戻り、それから脳機能が遅れて改善という回復過程をするらしい。

学校に戻れても、脳機能専門のリハビリ施設に通ってられるお子さんも実際にいる。

そのような、恐ろしく、執拗で、人生をじわじわと蝕んでゆく病気なのである。

 

かつて、小学生で英語の見通しが立った娘は、洋書を読むだけの毎日を卒業し、高校受験ではお勉強にシフトして学力を伸ばし、公立高校在学中に留学を少し挟んで、大学はガチの受験をするつもりだった。英語のアドバンテージがあるので、理数を強化すればなんとかなるのではと考えていた。

しかし、身体と頭がやられた今の状態では、現段階の大幅な作戦変更を余儀なくされ、今は、「英語頼み」であり、まさに、娘の状態を憐れんで拾ってくださる学校を探しているという、なんとも惨めなありさまとなっている。それも、「入学式までに回復すればる」という仮定付きでである。

こんな状態の娘に理解と憐れみを示して、門戸をひろげてくれそうな学校の中から、行きたいところを探すしかないのだ。なければOUT、完全終了である。

 

こうなりゃもうやけくそだ!

こうなりゃもうやけくそだ!

こうなりゃもうやけくそだ!

高校関係の方々、見てられましたらどなたか、この哀れな娘を受け入れてやってくださ~い!ただし、オール英語授業で自由な学風の所でお願い致しま~す!治療費がたくさんかかってお金もありませんので、奨学金とかあればなお嬉しいで~す!

 

(アルコールは入っておりません)

 

個人的には、通信制には何の抵抗もないのだが、それでは、娘が自分でせっかく培った英語力が完全にダメになってしまう。この中学の3年間の英語の進歩ゼロで、本当に、あの「某芦屋の国際中学」に蹴られた痛手がマックスで堪えているといったところだ。

中高一貫のあそこなら、娘は、高校進学のことでこんなに苦しい立場におかれずに済んだのだが・・・まぁ、そもそもこんな事故被害には合わなかっただろうし。

 

トビタテない娘

高校に入学できるかという問題に加え、追い打ちをかけるように、公立高校に入ってから「トビタテ留学JAPAN」などの給費留学という、我ら庶民にとって救世主のような英語習得の道もほぼ絶たれてしまったという悲しい現実もある。

経済力のない親の元に生まれたために、ネイティブのレッスンもお預けにされ、給付型の留学に応募できるこの時をずっとずっと楽しみに待っていたのだ。それが叶うのが高校1年の筈であった。

 

娘は、早く海外の英語圏の空気に触れたくてたまらないのだ。私も、この何でも吸収できる年齢で早く飛び立ってほしかった。

しかし、今後もしばらくは、日本の病院から離れらず、また、再発や後遺症が残らない人は僅かであり、長期間、病院もしくは、代替治療のお世話になる方が大多数である。一生海外に行けなかったら、娘は何のために英語をやっていたのかわからないではないか・・・

 

この娘の人生における大損害を一体だれが補償してくれよう?

 

f:id:kanon139:20190602165309j:plain

娘を応援している英語好きの少年少女たち、娘の代わりにトビタテ!


トビタテず、失意を通り越して諦めの境地の娘に、それに代わる英語学習の場を、日本で与えてやりたいのだが、回復したらしたで、予定外の高額な学費がかかることになるだろう。でも、なんとしても、潰されかけている夢を叶えてやりたい一心である。

 

被害者の経験と経済的な損失

このように、学校事故被害者の経済的損失は、治療費のみではない。親がその後の代替教育の場を見つけて与えてやらなくてはいけないのである。そしてそれは、我々の場合は間違いなく高額なものとなる。

娘の希望は「英語の習得」を目的とするのではなく、「英語で教育を受けられる」学校となるのだが、そう簡単に見つからず、娘の現状での入試のことを考えるとやはり私学の推薦とかAOとかそういうものにならざるを得ない。

東京には「東京都立国際高等学校」という公立ながら国際バカロレアが取得できる高校があるが、公立で授業料が安価なため、帰国生も多くがこの学校に流れているらしく、ただでさえ受験が過酷となる上に、関西を離れるのは難しい諸事情もある。

 

大阪には大阪市立で中高一貫の「水戸国際中学・高校」というのが今年4月に開校され、高校で国際バカロレア取得も可能ということだが、それは、中学から上がってきた生徒が高校生になった時のことであるようで娘には該当しない。

ということで、やはり私学となるのだが、オープンキャンパスの様子を見てまた考えようと思う。

 

スポーツなどであれば、指導する先生やコーチが持っている高校とのパイプで決まるのだが・・・もうこの6月時点で沢山の子が決まっている。英語ではだめか?

 

ここでもう一度。

 

こうなりゃもうやけくそだ!

こうなりゃもうやけくそだ!

こうなりゃもうやけくそだ!

高校関係者の方々、見てられましたら、どなたか、この哀れな娘を受け入れてやってくださ~い!ただし、オール英語授業で自由な学風の所でお願い致しま~す!治療費がたくさんかかってお金もありませんので、奨学金とかあればなお嬉しいで~す!

 

(アルコールは依然入っておりません)

 

久々に暗~い気持ちになり、不満を少し呟くつもりが喚いてしまい、お見苦しい記事となってしまった。

 

そのうち脳みそに溜まった不満を全部ぶちまける日が来てしまいそうだ。もうかなり一杯一杯である。

**闘病中の娘と逞しく生きる野生猫に、暖かい応援クリックを頂ければ嬉しいです**

  • にほんブログ村 病気ブログ 脳脊髄液減少症へ

    ブログ村へ

  • BLOG RANKINGへ